葉酸を摂らなかったらどうなるの?

葉酸を摂らなかったらどうなるの?
PageTop

葉酸を摂らなかったらどうなるの?


葉酸を摂らなかったらどうなるの?

葉酸を摂らなかったらどうなるのかというと、貧血を起こす場合があります。

それだけではなく、食欲不振になり、口内炎ができたり、下痢をしやくなります。

そして、妊娠中であれば、つわりがひどくなることも。

それに、妊娠初期は葉酸が重要になり、葉酸が不足することで胎児に神経管閉鎖障害の発生リスクを高めてしまうことがあるのです。

また、疾患の発生リスクも高めてしまうことがあります。

どんな疾患かというと、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症、脳卒中、アルツハイマー、白血病などです。

どれもとても怖い病気です。

絶対にそういったことになるかというと、そうとは限りません。

しかし、摂らないと発症率が上がってしまうのです。

妊娠を望んでいる人であれば、リスクは避けたいですよね。

元気な赤ちゃんが生まれてきてくれることを祈っていると思います。

実は、葉酸を1日に400μg摂っていれば、神経管閉鎖障害の発症率が約70%下がると言われているんです。

厚生労働省は、妊娠前、妊娠中は1日に葉酸を400μg摂るように推奨しています。

そのため、葉酸は葉酸サプリでしっかりと摂ることをおすすめします。
articlbottom
PageTop
Footer