体外受精ってなに?

体外受精ってなに?
PageTop

体外受精ってなに?


体外受精ってなに?

体外受精は不妊治療の1つであり、最後の方法として利用されることが多いです。

今まで様々な不妊治療を行っても結果が出なかった場合は体外受精にステップアップします。

方法ですが、あらかじめ採取した卵子に同様にあらかじめ採取しておいた精子をふりかけて受精卵を作ります。

受精卵が完成したら直接子宮内に注入させることで、妊娠の確率が高まります。

40代の女性は普通妊娠の確率が10%未満と低いですが、体外受精を行うことで妊娠したケースは多々あります。

現在は晩婚化が進んでいる傾向もあり、新生児の40人に1人は体外受精で出産されています。

体外受精を受ける上で様々な注意点があります。

まずは費用面ですが保険が効かない自由診療であることから全額自己負担です。

1回の費用は軽く30万を超えてしまうことが多いです。

また1回で成功しないこともあります。

ですので、再度行う場合は再び高額の費用を負担しなければいけません。

その他に副作用として双子を妊娠してしまう可能性も高くなります。

もし体外受精行う場合は医師と十分に相談する必要があります。
articlbottom
PageTop
Footer